ニューイヤーコンサート2006 ~どこかで出逢った、あのメロディ~

投稿者: | 2006年1月2日

かぐらさんと一緒に、Bunkamuraオーチャードホールで開催された
東京フィルハーモニー交響楽団の演奏会に行ってきた。
指揮は、年末にベートーヴェンの交響曲をぶっ通しで演奏した岩城宏之さんで、
ソロ・ヴァイオリンが川久保賜紀さん。そして司会が、武満徹さんの娘さんで翻訳家、兼、インタビュアーの武満眞樹さんという顔ぶれ。
曲は、ツィゴイネルワイゼンやらスポーツ行進曲など、
一度は聴いたことあるような曲ばかりで構成されており、
かなり楽しめる内容だった。
演奏は申し分ないし、生でツィゴイネルワイゼンを聴けたのもよかったけど、
なによりすごかったのが、終演後の抽選会。(笑)
座席の半券でくじ引きをし、韓国やNY旅行などが当たるというものだったんだけど、
その中で一番すごかったのが、この後のアンコールで演奏される「ラデッキー行進曲」の
指揮をできるというものだった。(笑)
これはやりたかったなぁ~~!
けど、その場で・・・やっぱり・・・うーん。(苦笑)
今回は60歳くらいの人が当選してたけど、技術とかそーゆーの以前に、
いきなりあれやれといわれても、緊張しちゃって無理・・・・。(笑)
と、普段は味わえないいろんな要素が盛りだくさんの演奏会で、
すごく楽しめた。(^^)
また来年もいきたいねー

コメントを残す

Or

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA