DQ7「魔塔の響き」完成!&第40回Ensemble Cadere活動日記。(レッスン)

投稿者: | 2004年11月16日

なんとか完成!>「魔塔の響き」
今回は音色とバランスの面で色々苦労させられたけど、
何とかどの音色もバランスよくまとまってくれたと思う。
弦とヴィブラフォン・3拍子からの木管のメロディ。
今回はこの3つの音色作りがかなり上手くいったので、是非聴いてみてね♪
それにしても、扱いにくかったのがGary Garritanの GigaHarp・・・。_| ̄|○
このサンプルは初期のもので、ベロシティスイッチの音色の差が極端で、
ベロシティを開離で配置すると、えらく不自然なフレーズになってしまう。
全体的にアタックが強いのに、A音などの高ベロシティの音色は
まるでエトゥフェ(ダンパー)がかかったような音なので、この音にくると明らかに流れが変わってしまうのだ。
しょうがないのでベロシティを極端に下げて影響の小さい音色に変更し、何とかつないだ。
この音は論外だけど、他の音ももう少しリリースあっても良いのになぁ・・・。
全部の音が同じって訳じゃないのでEditorでいじるのは面倒だから、
DSPのリバーブを強くかけて処理した。
こいつのせいで、無駄にDSPを多く使っちゃったよ・・・・。
(いつもは基本的に4つまでで、この4つで各楽器のリバーブを補ってる。)
ま、意外と発音数食わないこともわかったし、
使い方を研究して使ってくしかないかなー。
今日はレッスン。
いつもの通り和弦の練習から。
両方音が変わるとどうも難しいんだよねー。(苦笑)
ま、慣れてくしかないなー。
曲は、「不思議のほこら」をやった。
先週習った指の置き方とボウイングでだいぶ良くなってきたよー。
ただ、大幅に運指の変更があったので、(なるべく開放弦をつかわないように)
これが大変だった。
次回はレッスンはおやすみ。
その代わり、カデ練で蓬田先生のレッスンがあるので、これまた楽しみ♪

コメントを残す

Or

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA