第80回Ensemble Cadere活動日記。(レッスン)&OB会

投稿者: | 2005年11月8日

今日は、なんとも1ヶ月ぶりのレッスン・・・・。_| ̄|○
仕事のせいで、1ヶ月まるまる休んじゃったよ・・・。(^^;
今日は前回に引き続き、高ポジションまでいくスケール練習。
3回ほどポジション移動があるんだけど、これは難しい・・・・。
最後の5ポジ(4指でGを押さえる)までいっちゃえば楽なんだけど、
その前の3ポジから5ポジへの移動が難しい・・・・。
で、次の課題は、これまた高ポジションまでいくんだけど、
今度はGとCの分散和音。
Gの和音とCの和音の分散
3ポジと6ポジはそんなに問題じゃないんだけど、
間に入る2ポジがややこしい・・・・。(^^;
これは覚えるまで時間かかりそうだなぁ~。
で、曲の方は、2ヶ月近く経ってようやく「フィナーレ」。(笑)
今日はサラッとさらう程度だったけど、この曲難しいなぁ・・・。_| ̄|○
32分の経過音や上行は覚えちゃえばそんなに難しくないんだけど、
2回目のBメロで出てくる重音が難しい・・・・。(^^;
なるべく開放を使うようにアレンジしたんだけど、そうもいかないトコ(大抵D線2指のFかFis)が
出てくる訳で、やはりそこが難しくなっちゃってるね。_| ̄|○
けどまぁ、レッスンでならった基本的な重音なので、これも練習すればOKかな・・・?
問題は、原曲ではHrnがメロディになる部分。
ここの高音弦は対旋律ってゆーか、和音の分散をやってるんだけど、
この動きが複雑で難しい・・・・。(^^;
4ポジメインで1音だけ3ポジを借りたりとか、かなり面倒なことをしなきゃいけないみたい・・・。
うーん、この曲もまた前途多難だなぁ・・・・。(^^;
レッスンが終わり、その足で中学へ。
今日はOB会の日なので、それに参加。
今日は、前回いた外部のTrbn.の方はいなかったけど、
Trpの先輩の妹(Fl.)も来ていて、中学OBメンバーだけで4人も揃った。(^^)
練習は、吹奏楽用のティップスを一緒にやったんだけど、
ここで感じたのが、やはりヴァイオリンと管のチューニングの問題・・・。
ヴァイオリンはピタゴラスが基準で、実際それでスケールなんかをやった方が
旋律的にも聴こえがいいのでそれでやってる訳なんだけど、
やはり開放弦で大きく管とピッチが違うG音なんかが出てくると、不自然極まりなく・・・。
他の音だったら指で調節できるけど、開放はねぇ・・・。(^^;
基本的に平均律で調弦して、3度とかで対応してくしかないのかな?
うーん、もちょっと研究してみよう・・・。
練習後は、Trbn.で同級生のそらくんと近くのファミレスで遅い夕食。
楽器や吹奏楽の話なんかで盛り上がった。(^^)
で、11時頃解散。
今日はおつかれさまでしたー!

コメントを残す

Or

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA