ノーモア・ヒロシマ、ノーモア・ナガサキ。

投稿者: | 2005年8月6日

今日は60回目の広島の原爆記念日。
60年前のこの日、世界で初めて戦略手段として核兵器が使用されたのだ。
太陽の温度を超える熱量を生み出し、広島の街は一瞬にして灰となってしまった・・・。
この日の惨劇と、どうしてこのようなことが起きてしまったのかということを
我々は忘れてはいけない。
今後、末代に至るまで語り継いでいかねばならぬ問題なのだ。
そのとき、どちらかを悪者にした見方であってはいけないし、
全てを包み隠さずに語り継いでいかなければ、また同じ過ちを冒してしまうだろう。
そのようなことがないように、立場や文化などの壁を乗り越え、
話し合っていくべきだと思う。
まずは身近の人に解ってもらい、ゆっくりでもいいのでその輪をどんどん拡げていく。
僕たちにできるのはこれくらいだけれど、これが個人個人の非核への第一歩として
つながっていけばとてもすばらしいことだと思う。
このメッセージが全世界に広がり、核が廃絶されるのを心から願おうと心に決めた。

コメントを残す

Or

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA