DQ8のCD購入! & 第63回Ensemble Cadere活動日記。(レッスン)

投稿者: | 2005年6月21日

仕事の帰りにDQ8のCD(オケ版)を買ってきた。
交響組曲「ドラゴンクエストVIII」 空と海と大地と呪われし姫君 (購入はこちら!
指揮:すぎやまこういち
演奏:東京都交響楽団
コンサートマスター:山本友重
定価:¥3,990(税抜価格¥3,800)
品番:SVWC7261〜2
レッスンまでまだ時間があったので早速聴いてみたんだけど、良いねー!
ゲーム版に忠実なアレンジが多いんだけど、中には大きく違うアレンジにしているものも!
オルガンオンリーな「賛美歌に癒されて~修道僧の決意」は、バッハの管弦楽組曲のような
管弦打を使った豪華なアレンジになっているし、
「静かな村~錬金がま」や2枚目の「詩人の世界」は途中で弦や木管の、いわゆる持続音楽器をメロディにしたりと、
いろいろ変化を与えている。特に「錬金がま」でのクラと弦の使い方はすごく面白かった。
1枚目の中で一番驚いたのが、「つらい時を乗り越えて~急げ!ピンチだ」かな。(笑)
まずこの組み合わせに驚き!
辛さを乗り越えたと思ったらピンチかいな・・・。(笑)
「急げ!ピンチだ」では途中、ラテンな打楽器のソロがあるんだけど、これまたすごい!
某所で吹奏楽時代のニューサウンズを思い出すなんて書いてあったけど、まさにそんな感じ。(笑)
「宝島」とか「コパカバーナ」な雰囲気だもんなぁ~。(笑)
ちなみに、1枚目で一番のお気に入りは「雄叫びをあげて~難関を突破せよ」かな。
「難関を突破せよ」は、ゲームのと比べると特によさが解ると思う。
金管のアタックはやはり鋭く重くないとね。(笑)
あと、「神秘なる塔」の弦を聴いて、やっぱりオケにすると違うなーと実感した。(笑)
2枚目は、いきなり始まる「この想いを・・・」にしてやられた。(笑)
こりゃいいわ~~!
ゲームに忠実ながらも色々と変化があるし、ソロやアンサンブルも絶妙!
8のCDの中で一番のお気に入りかなー♪
他も、驚く要素が沢山あった。
「詩人の世界」ではDQでは初めてチェレスタが使われている。
チェレスタってのは、ピアノの仕組を用いてグロッケンを鳴らしてる楽器で、
(ピアノ線じゃなくてグロッケンを叩いてる)
天使の楽器と云われるに相応しい、とても神秘的な音を奏でる。
これにハープや弦が加わり、あの神秘的な場面を再現しているのだ。
「城の威容~王宮のガヴォット~城の威容」では「王宮のトランペット」でも使われた
ピッコロトランペットが用いられている。
ただ、メロディに弦も重なっているのでちょっと解り難いのが残念・・・。(^^;
しかし、バロックの雰囲気が忠実に演奏で再現されていて良かった。
「忍び寄る影」と「闇の遺跡」はもうちょっと長くても良かったかも・・・・。
「終末へ向かう」辺りとメドレーに・・・って思ったけど、それじゃ長すぎるか。(苦笑)
この中では「終末へ向かう」が良かった。
現代音楽なフレーズの中にチラッとでてくるメロディアスな旋律が良いよね。(^^)
まさか唯一のソロ弦が出る場面がこの曲とは思わなかったけど・・・。(笑)
さて、今回特に期待していたのが「大聖堂のある街」なんだけど、
金管がとても頑張ってアンサンブルを奏でてくれていて、とても良かった。
これはぜひSACDで聴いてみたいなぁ~~。(これに限らず全て聴きたいけどね。(笑))
さて、大勢の期待を背負った「おおぞらに戦う」だけど、
個人的にはその前の「ドルマゲス」の方が良かったかな。
都響は低音がすごく良い(とおもう)ので、この曲の低音のメロディは力強くてとてもよかった。
「おおぞらに戦う」の方は全体的に良かったけど、特に後半の「おおぞらをとぶ」の旋律を弦が
奏でる部分がとても繊細でよかった。
あと、Codaの展開も面白いね。(^^)
最後をかざる「空と海と大地」だけど、ピアノは入らなかったね。
けど、ピアノが入ると小規模の編成になってしまうし、この壮大なアレンジでよかったと思う。
構成も面白いし、オケを聴いてより好きになった。(^^)
メドレーの組み方とかにややアレ?と思う部分があったものの、
期待以上の仕上がりでとても満足♪
次は夏で実際で生で・・・!
これまた楽しみだなぁ~~♪
さて、レッスンの方に話を戻そう。(笑)
今回もまた久々のレッスンな訳だけど、
今日は今までよりも濃い内容のレッスンだった。
基礎はボウイングだったんだけど、付点4分+8分のフレーズを同じ方向でやる練習。
ようするに、付点4分の音が下げ弓なら8分も下げ。その逆もまた然り・・・ってこと。
僕は未だに弓の方向がぶれるクセがあるので、鏡を見ながらぶれないように注意して
上のフレーズをa mollのスケールに乗せてひたすら練習した。
あと、つい楽譜をみちゃうクセがあるんだよね。(苦笑)
楽譜みても何も書いてないのに・・・・。_| ̄|○
そうならないようにひたすら弓を見ながらやったんだけど、
そしたら案外すんなりいい音が出るもんだね。(苦笑)
うーん、クセってこわい・・・・。
次は、うちらの曲は2ポジを使うことが多いので、G durで2ポジの練習。
フレーズは上と同じだけど、2ポジになると随分難しくなるなぁ~。
音程のことも考えなきゃいけなくなるから、(2ポジはとりにくい)
つい右手がおろそかになっちゃうんだよねー。_| ̄|○
こんな感じの練習をずっとやってたので、曲の方の時間が10分くらいしかなかった。
今回は、今日の基礎の内容にピッタリな序曲をやることに。
すると、自分でもびっくり!
メロディの方が、今までとは比べものにならないほど良くなっていた!
今日のこの練習だけでここまで変わるんだなぁ~~~。
2順目の3連符のフレーズも、ボウイングに注意しながらやってみたら
やはりすごくよくなった。
うーん、やっぱりクセってこわいなぁ・・・・。(苦笑)
そんなこんなで、今日のレッスンは終了。
冷房が効いてなかったせいで汗だくだったけど、その甲斐あったなぁ~~。(笑)
これを忘れないように、明日から時間作って毎日やらなければ!

コメントを残す

Or

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA