HDCD

投稿者: | 2005年6月20日

考えてみたらWindowsMediaPlayerって、v9以降HDCDに対応してるんだよね。
(HDCD=High Definition Compatible Digital)
せっかく対応しててもWMPじゃなぁ~~と思ってたんだけど、
聴いてみるとやっぱりぜんぜん違うね。
大植英次指揮ミネソタ管弦楽団のベルキスがHDCDだったんだけど、
SACDやDVD-Aには及ばないものの、
(このCDは24bit HDCDだけどWMPは20bitまでなので、活かされてないとは思うけど。)
レンジも劇的に広がり、音も鮮明でTuttiでも崩れない、すばらしい音質だった。
特に顕著な差が出るのは高音の木管や打楽器とHrnなんかの中低音かな?
高音金管もそこそこいい感じなんだけど、
弦と低音に関してはあまり効果が得られてない気がする。
(ハーモニクスとかはいい感じに再生されてるかな?)
ところで、これだけHDCDと連呼しといてアレなんだけど、
いまいち仕組を理解してないんだよね。(苦笑)
ようするに20bitとかで録音された状態で入ってて、
これを普通のCDプレイヤーにいれるときに16bitにエンコードするってことでいいんだよね?
で、HDCD対応の場合はそのまま再生される・・・と。
ということは、もう少しレートがあがれば、対応プレーヤーでしか再生できない
DVD-Aよりぜんぜん使い勝手のいいものになるってことかー。
ハイブリッドSACDみたくわざわざCD層を用意しなくてもいい訳だし。
けどまぁ、SACDプレイヤーを買っちゃった訳だから、
これよりもSACDが普及してくれた方が嬉しいかな。(笑)
まぁ、ともかく良い音なのは確かなので、
XP以降&WMP9以上でHDCD録音のCDをお持ちの方はぜひお試しあれ~♪

コメントを残す

Or

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA