マラソン演奏をこなした指揮者とローマ3部作

投稿者: | 2005年2月6日

今日も風邪治らず・・・。_| ̄|○
ただ、だいぶ落ち着いてきたので、家で出来る仕事を片付けることに。
結構量が多いなぁ・・・。
こないだ聴いたローマ3部作が忘れられず、
またどこかでやらないかな?と思って探してみたら、あった。(笑)
6/26(日)東京フィルオーチャード定期
演奏は東京フィルハーモニー交響楽団で、
指揮は、今年の年越にN響メンバーと共にベートーベンの交響曲全曲のマラソン演奏を実現した、指揮者の岩城宏之(72)さん。
この高齢で全曲を・・というだけで大変なのに、
岩城さんはこのとき、病気を背負いつつの挑戦だったらしい・・・。
医師も救命道具を常備し、付き添っていたそうな。
これのドキュメント番組をやってたのだが、休憩中などはもう憔悴しきっていて、
それでも最後までやり遂げていたのに、すごい生命力を感じた。
終了後も拍手が鳴り止まず、再び出て行くのが相当辛そうだったよ。(苦笑)
病気の方が少々気になるのだが、岩城さんのパワーならローマ3部作もとても素晴らしいものに
してくれるんじゃないかと思う。
これまた、かなり楽しみだねー♪
そういえば、オーチャードホールはこれで2回目・・・かな?(笑)

コメントを残す

Or

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA