第49回Ensemble Cadere活動日記。(レッスン)&救命病棟24時

投稿者: | 2005年1月25日

今日は2週間ぶりのレッスン。
先生が親不知を抜いたばかりだったよーで、かなり辛そうだった。(苦笑)
今日の基礎はかなり充実していた。
まずは第2指から始めるd mollと、第1指から始めるB durとD dur。
d mollの帰りが相変わらず音程がとりずらかったが、他はなかなか上手くいった。
次はボウイングのレッスン。
相変わらず僕はボウイングが下手なので、それを見かねてか、
弓の真ん中辺りにシールを貼られてしまった。(笑)
ただ、このシールの効果はかなり絶大だった!
全弓と先弓の区別がハッキリできるし、シールがあるからか、
弓を良く見るようになり、自然とボウイングが安定するのだ。
音量もだいぶ付いてきて、今日だけでかなりの収穫があった。(^^)
課題
今日出された課題。
G dur & 1ポジを下のリズムでやってく。
細かい音符に移るのが多いので、弓の使い方が要求されるねー。
曲の方は、こないだ完成したばかりの「序曲」を。
2巡目にイヤな8分3連符のアルペジオがあるのだが、
ここはもうすでに暗譜してるのもあって、テンポを落とせば間違えずにできるようになった。
ここよりも、実は1巡目のメロディの方が難しかったり・・・。(苦笑)
音程が採り難い2ポジからだし、最初の付点8分+16分は両方共上げ弓だったりと、
技術的に難しい面がかなり多い・・・。(苦笑)
それまではデタッシェだったのが途中でスラーになるトコとかも意外と曲者だし・・・。_| ̄|○
しかし、ボウイングのレッスンのおかげか、レッスン前で家で弾いたよりも明らかに進歩した。(笑)
両方上げ弓のトコも苦にならなくなってきたし・・・。
さ、今週はボウイングとこの曲を中心に頑張るかなー。
で、家に帰ってからは「救命病棟24時」。
今回は先週みたいな激しいテンションではなく、救護・治療の場面が中心だったが、
今回もまた、見ごたえのあるものだった。
ヘリでの救出活動など、ちょっとありえないような場面もあったけど、
進藤と小島の再会や前回はただイヤな役にしかみえなかった議員の
人間的な面など、ドラマとしてかなり面白かった。
次回はどうなるのか?楽しみだねー。

コメントを残す

Or

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA