第48回Ensemble Cadere活動日記。(レッスン)

投稿者: | 2005年1月11日

今日は今年初のレッスン。
昨日の蓬田先生から教えてもらい今日もレッスンとは、なんとも贅沢だねぇ。(笑)
今日の基礎はスケールで、
h mollとd mollを第1指が主音のポジションから始めた。
h mollは2ポジ、d mollは4ポジから。
(それぞれのポジションの最高音まで行って戻ってくるという練習。)
d mollは採り易いんだけど、h mollはなんかムズイ。_| ̄|○
旋律短音階なので、行きは楽なんだけど、帰りがやっぱりねー。(苦笑)
曲の方は、昨日即興でつくった「序曲」(笑)とほこらを。
当面は練習曲としてこの2曲をやっていきたいしね。
序曲は、メロディだしおなじみの旋律だからと思ったんだけど、
2ポジから入ってしかもポジション移動が多いので、結構難しい。(苦笑)
ポジションや音の確認を重点的に、少しアーティキュレーションにも触れた。
ラシドレーーーーララドドーシーラーソーの部分の、ラシドとララドの8分は、
最後の音(両方Cの音)をUpの全弓でやるように指示された。
こうすることで曲の流れにもあうし、音がしっかりするのだ。
ほこらの方は何度もやってるのでさらっただけだけど、
ポジション移動やボウイングのタイミングなどをやった。
最後に第4指の訓練ってことで、(全部1ポジで。)
第1指:H(A線)・第2指:Cis(A線)・第3指:D(A線)・第4指:H(E線)という感じで指を置き、
第3指だけを上下に動かすという練習をした。
これで、つられて第4指が動かないようにするんだけど、これがまた難しい・・・。(笑)
相当意識してないとだめだね、こりゃ・・・。(苦笑)
次回も序曲でいくかなー♪

コメントを残す

Or

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA