(オリジナル/生演奏)「弦楽四重奏による舞曲」より 「風変わりな踊り」 を公開!演奏:七海ストリング

投稿者: | 2016年4月6日

作曲:大岩隆宏
演奏:七海ストリング(弦楽四重奏)
録音・編集:藤森大輔 (Unstill Wave Works)
撮影・協力:松村佳奈
(敬称略)

録音日・場所:2016年3月24日(木)  大田文化の森ホール(東京都大田区)


念願だった「自分の曲を生演奏」でというのが、10年越しにようやく実現。
レッスンに通ってるヴァイオリンの先生にお願いしてメンバーを募ってもらい、Vln1,2. Vla Vc.の弦楽四重奏で演奏して頂いた。
もちろんDTMと生の違いは解っていたつもりだったけど、実際にDTMでしか聴いたことのない曲が改めてこうやって演奏されたのを聴いて、正直ここまでとは思わなかった。
演奏の質や存在感、何もかもが圧倒されていて驚くばかりだった。

そして、同じように今回改めて知ったのが、編曲の際の実際の楽器での鳴り方の違い。
和声など、卓上で勉強してきたのをすべて見直さないとならないんじゃないかっていうくらいに違っていて、
楽譜での指示からそれ以上の表現まで、何もかもが違う世界で、正直圧倒されっぱなしだった。
スピーカーやヘッドフォンからなる「ステレオ」という平面な状態で色々ごまかしていたんだと、改めて気づかされた。
生演奏は何度も聴いているし、理解はしていたんだけど、想像以上だった。

そしてもうひとつ重要なのが、録音。
これはやる前から付け焼刃な技術ではだめだと思っていたのでプロの方に依頼したのだけど、やはり正解だった。
技術や知識もそうだし、なにより自分に欠けているのは録音の経験で、録音して頂いたのを聴いて、格の違いに驚いた。
mixまでして頂いて、完璧なものにしあがった。
ここまで変わるものなんだなぁ…。

あと、ここでは公開できないけど、DSDで録音したのだぜ!DSDの録音はすさまじかった。なんだあれ。(笑)

そんなこんなで、人生初の自作曲生演奏&録音は大満足のうちに終了。
こうやって公開できるに至りました。

演奏者のみなさんに、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました!
曲はもうやる分溜まってるので、お金を貯めて第2弾もやれたらなと思います。(笑)


コメントを残す

Or

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA