交響組曲「ドラゴンクエスト」I・II・III ベストセレクション 渡邊一正指揮 日本センチュリー交響楽団

投稿者: | 2015年5月7日

河内長野市のラブリーホールで開催された、日本センチュリー交響楽団のDQコンサートにいってきた。

01ff5991b05969de08f2c1b0a4ce5fef7bc0dee346


指揮は、去年の京都市交響楽団のDQ6で見事な演奏を披露してくれた「渡邊一正」さん。
この方の指揮はなんというか粒が揃っていて、奏者の楽器の音をよく鳴らしてくれる。
tuttiはこれでもかというほど線が揃っていて、ソロなどでは朗々と歌い上げて、なんというか安定感抜群の演奏でいた。
すぎやま先生のアドバイスもあったのか、すぎやま先生の指揮とそこまで趣向は変わらず、これもまた聴きやすさのプラス。
戦闘の曲などの迫力もまた、本当に絶品だね。個人的にとても大好きな指揮者さんです。
ぜひCDだしてほしいw

今回は1,2,3のベストセレクション。

[1部]
序曲(1)
ラダトーム城(1)
街の人々(1)
パストラール~カタストロフ(2)
遥かなる旅路~広野を行く~果てしなき世界(2)
戦い~死を賭して(2)
この道わが旅(2)

フルコーラスの序曲や、普段あまり聴けないパストラール~カタストロフなど、美味しいトコどりな感じ♪
しいて言えば、いまやってる「王城」が聴きたかったかなw
個人的にはラダトーム城とパストラール~カタストロフがお気に入り。
渡邊さんのキッチリ低音金管アタックは、ぞくっとしますなw

[2部](以下DQ3)
王宮のロンド
世界をまわる(街~ジパング~ピラミッド~村)
冒険の旅
ダンジョン~塔~幽霊船
鎮魂歌~ほこら
海を越えて
おおぞらをとぶ
戦闘のテーマ~アレフガルドにて~勇者の挑戦
そして伝説へ

2部のこの曲順は、そう。ロトのテーマ以外FC版(N響)そのまんま!
全部聴けちゃった気分で大満足w
ジパングのTrpのソロや海を越えてのtutti、勇者の挑戦の大迫力のイントロなど、いいとこ挙げたらキリないですw
あと、そして伝説へのTrpの鬼門のAsの音を外さなかったのは大感動wTrpノーミスのそして伝説へは、やはり渡邊さん指揮の去年の京都市響以来w鳥肌ものでしたw

[アンコール]
戦いのとき(3)
序曲X(10)

いつものすぎやま先生の「指揮棒もってきちゃった~♪」的なやりとりもなく、スっときてスっとはじまった戦いのとき。
スっとはじまるには重すぎる感のある曲だけど、こういう曲の入りも好き♪
ゾーマ倒してそして伝説へ~とかいってたら急にバラモスが出てきた気分w

最後の序曲Xはなんとすぎやま先生が指揮!
聴きなれたいつものすぎやま先生スタイルで、指揮者が変わると表情がかわるんだな~というのを実感できた。

ホント、素晴らしい演奏でした!
観客のマナー違反の多さにはちょっと辟易したけど、
アンサンブルやってることを奥様にも報告できたし、色々な意味で大満足w

来年もまたきますぜ~!





コメントを残す

Or

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA