近況報告

投稿者: | 2015年3月18日

あんまプライベートのことは書かないようにしてたんだけど、ちと吐き出します。


ヒーローズやったり気晴らしはしてるんだけど、うん。介護はしんどい…。

母親の癌(下咽頭癌)が少し大きくなってきたので、気管切開をすることに。

通常は気管切開をすると声帯に空気がいかなくなるので声が出なくなるんだけど、
幸いなことに母親は痰の量も少ないので、「レティナ」というスピーチカニューレを入れることで、痰の吸引やネプライザーの吸入などのときにレティナのヴァルブを外すときに声がでない以外は特に訓練等必要なく「地声」を発することができる。

気管切開をすると医師に告げられた時はちただ「気管切開するけど、カニューレを入れればしゃべれる」という情報しかなかったので、
それについてネットでしらべても、機械で発声するだの、食道を震わせて声出す?だの、かなり負担の大きいタイプのカニューレのことしかでてこなかった。
この場合、声を出すだけでかなり体力を要するので、習得していくのはあまり現実的ではなく、=声を失うと覚悟していただけに、これは本当に安心した。

ただ、レティナでもやはりケアが大変で、今までは「痰がなんか絡むなー」とおもったときだけ吸引をしていたんだけど、吸入も含めて1日3回が必須になり、
しかも、このレティナというカニューレは咳とかの刺激で思いの外簡単にとれてしまうので、取れてしまった際に家族が近くにいないと厄介なことになるという欠点もあり、
今まで以上に負担が大きくなってしまった。

仕事とかカデーレとか、外にでないといけないときは訪問看護師やヘルパーさんにお願いしてなんとかなってるけど、
家にいるときが大変で、深夜以外はしょっちゅう呼び出されるので、集中してなにかすることができない。
DQ10なんかは途中で呼び出されて待たせたりするとあれなので、自分から誘うことがまったくなくなったしね。(もともとそんな積極的に誘う方じゃないけどw)

何気に、介護自体よりこれがしんどいw
介護をするようになってもうすぐ1年になるけど、これ、なんらかの対策が必要だよな…。
今はなんとかなってるけど、そのうちストレスがたまって大変なことになるんじゃないかっていうのが心配。

母親自身も気負いして、それがストレスになってるだろうしね。

なんかいい方法はないのかなぁ。

暗い話ですいませんw

コメントを残す

Or

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA