涼宮ハルヒの溜息(2巻)

投稿者: | 2015年2月24日

ハルヒ2巻のラストは、映画のエンドロールで「宇宙人、未来人、超能力者云々はフィクションです」ってハルヒ本人に言わせることで制作中に起こってた超常現象なんかをおさめるって話だったけど、
そのあとだか前だかに喫茶店でキョンがハルヒに長門たちのことをカミングアウトしたとき、ハルヒは信じてなかったよね。
これで長門とかみくるとか古泉に影響はでなかったのかな?

ハルヒを読んでて前から気になる点のひとつ。
実はその後のことはもう、そういう超常現象のない世界の話っていうには無理がありすぎるし。

教えて、エロい人!

コメントを残す

Or

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA