バッハのメヌエット ト長調(BWV114)&ト短調(BWV115)

投稿者: | 2015年2月20日


そういえばこの曲色々アレンジされてるけど、ピリオドの演奏聴いたことないなーと思って探してたら、とんでもないことが判明!

作曲、バッハじゃないらしーよ。(;´Д`)

ホントは、クリスティアン・ペツォールト(1677-1733)って人。

クリスティアン・ペツォールト(wikipedia)

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1012614580(真相書いた詳しい記事)

かわいそうにこの人のwiki、内容の8割がこのことw

ようするに、バッハの二人目の奥さんがピアノ苦手で、バッハに「練習しとけや!」と沢山出された課題の中にこの2曲が入ってて、
奥さんがそれらを楽譜にまとめたときに作曲者名をちゃんと書かなかったから、後になって

「バッハから渡されたんだしバッハの曲っしょ」

って間違って伝わっちゃったのが真相みたいね。

最終決着したのが20世紀中頃(1979年?)らしいけど、それにしては未だにバッハで定着してるよね。
youtubeでBVW114で検索しても最初のページにはペツォールトの名前2つしか出てこないし。

バッハの代表作って思ってる人も多いだろうに、なんだかなぁ…w

コメントを残す

Or

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA